はじめての生理ボックス 3枚セット

販売価格 価格 ¥4,000 通常価格 単価  あたり 

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

はじめての生理ボックス 3枚セット

・ガイドライン付きショーツ ネイビー(昼用)1枚
・ガイドライン付きショーツ ブラック(夜用)1枚
・吸水型ナプキンショーツ ブラック 1枚
・オリジナルサニタリーケース
・生理とショーツのオリジナル小冊子
・オリジナルボックス

親子ではじめる、はじめての生理のための準備

いつなるかわからない初潮。学校で知識として習っていても、家庭では生理の話をまったくしないまま初潮を迎えることもあります。生理になったことを言い出しづらいと感じる子もいるはずです。

「よくわからないし、怖いし、恥ずかしい」

「実際に生理が来たら、親になんて伝えればいいんだろう」

「これって普通なの?私だけ?」

しかし、なかなか友達同士や親子で気軽に話し合えるようになるまでは、時間がかかったり、キッカケがなかったりと、不安を持ち続けたまま過ごしていることも多いもの。

そして、不安を持っているのは本人だけではなく親も同じなのかもしれません。

「生理ってネガティブに捉えられがちだけど、なるべくハッピーに迎えてあげたいな」

「正しい知識で身体とうまく付き合っていってほしいけど、生理の話は切り出しづらい…」

「そういえば、私も親と生理の話をするの、なんだか恥ずかしかった」

子どもが「はじめての生理」を迎えるのは、親もはじめて。うまく説明ができるのか、なにを伝えればいいのか、迷っている方も多いと思います。

そんな親子それぞれの不安をやわらげてくれるのが、「はじめての生理ボックス」です。

親子だからこそ話しづらい、"生理のはなし"のキッカケづくりに

「はじめての生理ボックス」には、"親子のコミュニケーションのキッカケになって欲しい"という思いがあります。

たとえ親子でも、普段話さないことを伝えるときは、やっぱり身構えてしまうものです。

でも、生理は大人の女性になるために、とても大切なこと。

一生のうち、生理の回数は平均で約450回。日数にすると約6年5カ月にもなるそうです。そのくらい長く付き合っていくものだからこそ、はじまりを大切にしたいですよね。

「はじめての生理ボックス」が手元に届いたとき。そして、はじめて生理を迎えたとき。

なかなか切り出しづらい生理の話も、このボックスが家庭で生理について話すキッカケとなり、子どもも大人も一緒に心の準備をすることができます。

「生理になったらこのボックスを開けようね」

「開けるの楽しみだね」

まるでクリスマスのアドベントカレンダーのように、大人に一歩近づくことを親子で楽しみに待つ。そんな特別な気持ちではじめての生理を迎えて欲しいと思っています。

ガイドライン付きショーツ(昼用)

生理の日はナプキンと組み合わせて、生理以外の日は普通の防水布付きのショーツとして毎日使うことのできる「ガイドライン付きショーツ(昼用)」。

肌触りがよく、ナプキンを付けずに普段履きのショーツとしても使用できます。


予備のナプキンやワイプを収納できる2箇所のポケット付きで、ナプキン用のポーチを持ち歩かなくてもトイレに行けます。

マチ部分は肌に触れる部分と外側のショーツ生地が分かれていて、ナプキンの羽を収納することができます。

マチには吸水力があり、ナプキンを付けていないときの突然の生理にも対応。アウターへの染み出しを防ぎます。まだ生理周期が安定しない時期の急な生理にも備えることができて安心。

防水布付きの普通のショーツとして毎日使うことができるので、コスト面も合理的です。

はじめて生理を迎え、最初の生理アイテムとして使われることの多い紙ナプキン。付ける位置は個人個人や使用シーン、使用するナプキンによって様々で、一概に"ココに付ける"とは言えません。

当社が主要メーカーのナプキンをテストし、ナプキンの性能を発揮できる範囲を割り出した「ナプキンガイドライン」。マチ部分に4本のガイドラインがあり、自分に適した位置を探すことができます。

昼用は1本目、夜用は羽の位置が3本目にくるように、今日は座っている時間が多そうだからいつもより後ろめに…など、オリジナルの目安として、慣れない生理時期をサポートします。

ガイドライン付きショーツ(夜用)

「ガイドライン付きショーツ(昼用)」の夜バージョン。腰の部分まで防水布とメッシュを伸ばしたロングシートが、寝ているあいだの伝い漏れを防ぎます。

「ガイドライン付きショーツ(昼用)」とナプキンを付けずに履くことが可能で、生理の日以外でも普段履きのショーツとして使えます。4本のナプキンガイドライン付き。

マチ部分は肌に触れる部分と外側のショーツ生地が分かれていて、ナプキンの羽を収納することができます。

吸水型 ナプキンショーツ

生理の日に使える「吸水型 ナプキンショーツ」。急な生理への備えや、生理期間後半の軽めの日におすすめです。おりものにも対応します。

重い日は、ナプキンと組み合わせての使用がおすすめ。マチ部分は肌に触れる部分と外側のショーツ生地が分かれていて、ナプキンの羽を収納することができます。

マチ部分は5層構造。2層のメッシュと2層の防水布で、ムレ・モレを防ぎます。

オリジナルサニタリーケース

ナプキン入れとして使うことができるポケットティッシュケース。

「トイレにポーチを持っていくのが、"いかにも生理"という感じで抵抗がある」「見つかると学校でからかわれそう」という声をもとに、ポケットに入れることのできるサイズのケースを作りました。うっかり落としてしまっても、ティッシュケースに見えて安心。

普通用・多い日用のナプキンが1〜2枚程度入るサイズです。

生理とショーツのオリジナル小冊子

「生理のときに眠くなってしまうのは、私だけ?」

「お腹が痛くなったら、どうすればいい?」

「生理のときに使うアイテムって、なにがあるんだろう?」

生理の不安や疑問を解消できる、手のひらサイズのオリジナル冊子。

身体の仕組み・第二次性徴などの保健体育の学習とは視点を変え、"自分の目に見えること・自分が体験すること"をベースにした内容です。

NPO法人ぱぱとままになるまえに所属 現役助産師・高橋孝予さん監修

オリジナルボックス

ショーツは6枚まで収納可能。生理グッズを入れておくボックスとしてはもちろん、小物やアクセサリーなど、お気に入りのアイテムを入れて使うことができます。

 

素材構成・総丈

ガイドライン付きショーツ(昼用)
ガイドライン付きショーツ(夜用)
吸水型ナプキンショーツ

身生地:綿95%、ポリウレタン5%

テープ部:ナイロン85%、 ポリウレタン15%

総丈:150サイズ 26.0cm / 160サイズ 27.0cm

オリジナルサニタリーケース

本体生地:綿100%

テープ部:ポリエステル65%、 綿35%

 

 

サイズガイド

 

日本の規格(JIS)で縫製しています。

[ヒップ]

M:87~95cm

L:92~100cm

LL:97~105cm

ジュニア用

[腰囲]

150:76~84cm

160:82~90cm

165:85~93cm